試合日3月31日 神宮・桜
オレンジ 1 0 0 0 0 0 0 1
怨歌 1 0 0 0 0 2 X 3
勝利投手=宇田川(怨歌) 敗戦投手=林(オレンジ)
本塁打=
審判=神宮 評価C(怨歌) (オレンジ)
勝利チームのコメント
西田、真子の快速コンビによってチャンスをつくり、4番5番のタイムリーで得点をあげることができ、開幕初戦としては申し分のない結果でした。昨年1勝もあげることができなかったオレンジJ戦だけに、まず先勝できたことは大きな収穫です。
敗戦チームのコメント
コメント





試合日3月31日 神宮大銀杏
ピーマン 0 0 0 0 1 0 0 1
グレープ 2 0 0 0 0 0 X 2
勝利投手=ハマス(グレープ) 敗戦投手=寺内(ピーマン)
本塁打=
審判=神宮 評価 B (グレープ) 評価 (ピーマン)
先攻チームのコメント

コメント。
後攻チームのコメント
コメント。





試合日3月31日 神宮・桜ヒマラヤ
ビアーズ 3 1 3 0 0 7
桃太郎 0 0 0 0 2 2
勝利投手=田辺(ビアーズ) 敗戦投手=大村(桃太郎)
本塁打=
審判=神宮 評価 B(ビアーズ) 評価 B(桃太郎)
勝利チームのコメント
初回の3点が大きかった。中盤は相手内野手のミスにつけ込み加点。結局、毎回安打の12本。先発田辺は10奪三振も被安打4、四球8と毎度の乱調ながら要所をなんとかしのぎきった。
敗戦チームのコメント
ビアーズ先発田辺投手をまったく攻略できず。ランナーが出るものの1本が出ず…。内容的には完敗だった。まだシーズン序盤なので気持ちを切り替えて次戦に望みたい。





試合日3月31日 神宮
ピジョン 1 0 0 1 0 0 0 2
リンゴ 0 0 0 0 0 0 3x 3
勝利投手=野上(リンゴ) 敗戦投手=坂本(ピジョン)
本塁打=
審判=神宮所属審判 評価 (リンゴ) 評価 A(ピジョン)
勝利チームのコメント
コメント待ち
敗戦チームのコメント
5回以降、追加点が奪えなかったことが、最後に響いた。