試合日6月16日 神宮ケヤキ
グレープ 0 0 0 0 0 0 0 0
オレンジ 0 0 0 0 0 0 1x 1
勝利投手=林(オレンジ) 敗戦投手=福田(グレープ)
本塁打=
審判=神宮所属宍戸 評価B (オレンジ) 評価 B(グレープ)
勝利チームのコメント
両チーム投手の好投により好ゲームを展開したが、最終回のちょっとしたミスが我がチームにさよなら勝利をもたらしてくれた。今シーズン3度目のノーヒットノーランゲームで、林投手が、今シーズン2度目のノーヒットノーランを達成した。
敗戦チームのコメント
オレンジ林投手の前にノーヒットノーランを喫してしまった。切れのある球がコーナーに決まり、チャンスらしいチャンスも少なく、唯一の得点機にもライトのファインプレーにより、阻まれてしまった。グレープ福田も要所を締めて非常にいい試合であったと思う。最後はオレンジの勝利への執念がこちらの焦りを招いたのではないかと思う。





試合日6月16日 神宮外苑・桜
ビアーズ 0 0 0 1 1 2 1 5
怨歌 4 1 0 1 0 0 × 6
勝利投手=宇田川(怨歌)S=カツ(怨歌) 敗戦投手=坂本(ビアーズ)
本塁打=
審判=神宮所属 評価 C(怨歌) 評価 B(ビアーズ)
勝利チームのコメント

4回以降少々疲れが見え始めた宇田川投手が攻め込まれるも、前半の貯金を活かし辛くも1点差勝ち。これで今季のビアーズ戦2試合は、いずれも先制して追い込まれ1点差で逃げ切る試合でした。
敗戦チームのコメント

初回二死後、平凡な内野フライ落球からの4失点が最後までひびいた。先発坂本の出来が良かっただけに、なんとももったいない敗戦。後半の打線のねばりを今後につなげたい。





試合日6月16日 善福寺川緑地公園
リンゴ 2 0 1 0 0 0   3
ピーマン 0 0 2 4 0 1x   7
勝利投手=尾崎(ピーマン) 敗戦投手=石岡(リンゴ)
本塁打=石岡(リンゴ)1・2
審判=香取 評価 A(ピーマン) 評価 (リンゴ)
勝利チームのコメント

リンゴ3番石岡君の2打席連続本塁打などで序盤に3点のリードを許したが、中盤にリンゴ投手陣の乱調と4番尾崎の活躍により逆転、継投で逃げ切った。6回裏ピーマン攻撃中に時間切れ。
敗戦チームのコメント

報告まち





試合日6月16日 羽根木公園
桃太郎 1 0 1 0 0 4 2 8
ピジョン 1 0 0 0 1 1 0 3
勝利投手=大村(桃太郎) 敗戦投手=小林兄(ピジョン)
本塁打=
審判=森 評価 B(桃太郎) 評価  B(ピジョン)
勝利チームのコメント
序盤の得点機に追加点をもぎ取れずイヤな展開。しかし6回、2?2の同点で迎えた無死満塁のチャンスに、藤田が左越え(?)三塁打を放ち、突き放す。投げては主戦・大村が3失点を喫すも要所を抑えて完投勝ち。打線がようやっといい形で繋がり始め、大村を援護することができました。攻守ともに細かいミスはありましたが、今後に期待できるゲームだったと思います。
敗戦チームのコメント
序盤、耐えしのぎ、5回に小泉弟によるタイムリーで、ベンチのムードも最高に達したが、6回エラーもからみ、一気に突き放された。だた、今までは、ここで意気消沈していたが、裏に連打で1点もぎ取ったところに、次につながる試合となった。