試合日6月30日 赤塚公園
リンゴ 0 3 0 0 0 1   4
怨歌 0 1 3 0 2 0   6
勝利投手=宇田川(怨歌) 敗戦投手=吉田(リンゴ)
本塁打=
審判=高井 評価C (怨歌) 評価 (リンゴ)
勝利チームのコメント
2回に3点先取されたすぐ裏に1点を還せたのが次の回の逆転につながったといえます。さらには4回、6回と2度の失点ピンチを本塁封殺できたのが大きかった。
敗戦チームのコメント
報告待ち 





試合日6月30日 神宮大銀杏
ピジョン 0 0 0 0 2 0 1 0 3
グレープ 1 1 0 1 0 0 0 1x 4
勝利投手=飯島章(グレープ) 敗戦投手=伊藤Jr(ピジョン)
本塁打=
審判=神宮所属 評価 (グレープ) 評価 B(ピジョン)
勝利チームのコメント

報告待ち
敗戦チームのコメント

序盤は制球が定まらない伊藤Jrが何とか最小失点の1点づつで凌ぐが、攻撃陣が飯島さんの前に歯が立たず。5回エラーでやっと出塁すると、打線に火がつき、1点差。最終回須藤の起死回生の右中間ホームランで同点。両チーム協議の上で、延長戦へ。終盤エンジンがかかった伊藤Jrだが、最後は力尽き2連続暴投でサヨナラ負け。5回、8回の好機にあと一本出てれば・・・





試合日6月30日 世田谷公園
ビアーズ 0 3 1 0 0 0 0 4
桃太郎 0 0 0 0 5 0 5
勝利投手=梅村(桃太郎) 敗戦投手=坂本(ビアーズ)
本塁打=
審判=河田 評価 B(桃太郎) 評価 B(ビアーズ)
勝利チームのコメント

ビアーズ・坂本投手の前に決定打を出せず0?4で迎えた五回裏。二死から、それまでがウソのように打線が繋がり一挙5得点。ここ数年で一番の大逆転勝利でした。先発・梅村も走者は背負うも粘りの投球をみせ、七回二死満塁のピンチも二ゴロに抑え完投勝利。ワンチャンスの怖さと、暑さに集中を切らさない大事さを実感したゲームでした。
敗戦チームのコメント

序盤に効率よく得点でき、坂本も快調に飛ばして楽勝かと思いきや、5回二死からあっという間の逆転劇。お互い守備でも好プレーが出て気持ちいい試合ではあったが・・・





試合日6月30日 オレンジ・ピーマン試合中止
0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0
勝利投手=○(○) 敗戦投手=○(○)
本塁打=
審判=○ 評価 B(○) 評価  B(○)
勝利チームのコメント
○○○○○○○○○○○○○○○
敗戦チームのコメント
○○○○○○○○○○○○○○○