試合日7月21日 神宮 桜
怨歌 0 0 0 0 0 0 0 0
オレンジ 1 0 0 0 0 0 X 1
勝利投手=立石(オレンジ) 敗戦投手=宇田川(怨歌)
本塁打=
審判=外苑審判 評価C (怨歌) 評価C (オレンジ)
勝利チームのコメント
1ヶ月ぶりのゲーム、初回にあげた1点をピッチャーの好投で守り抜いた感じ。両チームともピッチャーの好投により適時打が出なかった。
敗戦チームのコメント
オレンジ2安打1四球、怨歌倶楽部1安打6死球。初回、併殺崩れの間に先頭打者走者の飯田君の好走塁によって1点を献上。こちらはというと、3回の一死満塁のチャンスを活かせなかったのがすべて。好投の宇田川投手を見殺しにしてしまいました。





試合日7月21日 世田谷公園A
グレープ 1 1 0 0 0 0 2   4
ピーマン 2 0 0 0 4 0 2x   8
勝利投手=内田(ピーマン)S=伊藤(ピーマン) 敗戦投手=飯島章(グレープ)
本塁打=安藤・尾崎(ピーマン) 内山(グレープ)
審判=朝倉 評価 B(ピーマン) 評価 (グレープ)
勝利チームのコメント

序盤は本塁打の応酬で派手な幕開けとなったが、中盤以降は要所を締めた投手陣の踏ん張りと、チャンスを確実にモノにした中軸打者の活躍により、開幕戦の雪辱を果たした。4失点中3点までが失策がらみの献上のため、これを反省点として後半戦に臨みたい。
敗戦チームのコメント

敵失から先制するも、ピーマン長打攻勢に屈してしまった。ただクリーンアップに当たりが出て来ているのは好材料とし次戦以降に繋げたい。





試合日7月21日 桃太郎、リンゴ、ビアーズ、ピジョン試合なし
0 0 0 0 0 0   0
0 0 0 0 0 0   0
勝利投手=(●●) 敗戦投手=●●(●●
本塁打=
審判= 評価 B() 評価 B(●●
勝利チームのコメント

●●●●●
敗戦チームのコメント

●●●●●●





試合日7月7日 試合なし
0 0 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0 0 0
勝利投手=○(○) 敗戦投手=○(○)
本塁打=
審判=○ 評価 B(○) 評価  B(○)
勝利チームのコメント
○○○○○○○○○○○○○○○
敗戦チームのコメント
○○○○○○○○○○○○○○○