試合日9月22日 砧公園
リンゴ 0 0 0 0 2 0   2
オレンジ 0 2 0 2 0 X 4
勝利投手=林(オレンジ) 敗戦投手=玉村(リンゴ)
本塁打= 
審判=森 評価B (オレンジ) 評価 (リンゴ)
勝利チームのコメント
2回4番のエラー出塁を足がかりに田中のレフト線二塁打、久々の出場藤井のタイムリーで2点を先制し、ペースを握る。4回はノーアウト二、三塁から二つの内野ゴロで追加点が取れずいやなムードの中、またまた藤井の三塁打で2点追加。五回ツーアウトから4連続ヒットで2点を取られたが、最終回はリリーフ濱がきっちり抑えた。
敗戦チームのコメント
報告待ち 





試合日9月22日 神宮コブシ
ピジョン 1 0 0 0 0 0 0   1
怨歌 0 0 6 0 1 2 X   9
勝利投手=宇田川(怨歌) 敗戦投手=山下(ピジョン)
本塁打=
審判=神宮審判 評価 B(怨歌) 評価 B(ピジョン
勝利チームのコメント

3回相手山下投手の突然の乱れに乗じ、6四球2安打で一挙6点を取り試合をほぼ決めることができました。
敗戦チームのコメント

3回の自滅が全てでした。いつも、同じパターンで、悔しい限りです。余談ですが、コブシは初めての使用でした。人工芝ゆえ、敬遠されていたようですが、部員の声は、評判が良かったです。





試合日9月22日 神宮 大銀杏
ピーマン 1 0 0 1 0 0 0 2
グレープ 1 2 0 0 0 1 X 4
勝利投手=ハマス(グレープ) 敗戦投手=内田(ピーマン
本塁打=小村(ピーマン)
審判=神宮審判 評価 B(グレープ) 評価C (ピーマン
勝利チームのコメント

初回、無死満塁のチャンスに1点しか奪えず。その後も再三ランナーを出すもあと一本が出ないいつもの展開。しかし投手ハマスを中心に堅い守りで、2失点に抑えた。粘り強いグレープらしさが出た試合でした。最終戦(怨歌倶楽部戦)に勝ち越しをかけます。
敗戦チームのコメント

先制するも失策がらみの失点を許すという9月に入ってから全て同じ展開、CMシリーズ進出への大ピンチ!?!?あと3試合、投手陣は頑張っているだけに、バックの奮起が期待される。





試合日10月6日 浮間公園
桃太郎 0 0 2 1 2 1   6
ピジョン 0 0 0 2 0 1   3
勝利投手=大村(桃太郎) 敗戦投手=伊藤Jr(ピジョン)
本塁打=
審判=川田 評価 B(桃太郎) 評価  B(ピジョン)
勝利チームのコメント
流れがなかなかつかめなかった序盤をエース大村の好投で凌ぐと、この日2番に入った青柳のタイムリーで先制、4回に追い上げられたが、ピジョンさんのエラーがらみでの追加点と大村の投打の活躍で接戦をなんとかモノにしました。
敗戦チームのコメント
1点差に追い上げたあとの5回表の守備がすべて。2死ランナーなしから、岡本の3つのエラーで2点を取られ、勝負ありました。追い上げムード漂っていただけに、3人で終わらせていれば、その後の展開は大きく変わっていただろうなぁ。