試合日11月17日 天王洲 A
怨歌 0 0 0 0 0 0 1 1
グレープ 0 0 0 0 0 0 0 0
勝利投手=宇田川(怨歌) 敗戦投手=飯島(グレープ)
本塁打= 
審判=森 評価B (怨歌) 評価 A(グレープ)
勝利チームのコメント

5回の三者凡退を除いて毎回走者を出しながらも淡々と凡打の山を積み上げ、気がつけば最終回、内野安打で出た真子が二盗・三盗の後、走者1・3塁でダブルスチールによりようやく先取点。その裏、二死三塁で最後の打者の打球はファースト後方のフェアフライ、あわや同点かと思ったところ二塁手・野上の好捕により試合終了。6回まで2塁を踏ませなかった宇田川投手の好投も光った貴重な1勝でした。
敗戦チームのコメント

両チーム堅実な守りから緊迫した投手戦となったが、最後は真子選手の足にやられてしまった。ただ、グレープとしては、今シーズンの後半はしっかりとした野球が出来て来たので、課題はここ数年の貧打の解消と考える。両チーム堅実な守りから緊迫した投手戦となったが、最後は真子選手の足にやられてしまった。ただ、グレープとしては、今シーズンの後半はしっかりとした野球が出来て来たので、課題はここ数年の貧打の解消と考える。両チーム堅実な守りから緊迫した投手戦となったが、最後は真子選手の足にやられてしまった。ただ、グレープとしては、今シーズンの後半はしっかりとした野球が出来て来たので、課題はここ数年の貧打の解消と考える。





試合日11月17日 羽根木公園
ピジョン 1 6 1 0 0 0 1   9
ビアーズ 6 0 0 0 9 1 X   16
勝利投手=坂本(ビアーズ) 敗戦投手=須藤(ピジョン)
本塁打=
審判=高井 評価 (ビアーズ) 評価 B(ピジョン
勝利チームのコメント

報告待ち
敗戦チームのコメント

ピッチャーがいない緊急事態で1回を終わってどうなることかと思いましたが、内容的には非常に見ごたえのある試合でした。初回はしょうがないにしても、5回のエラーからの失点が・・・。悔やまれます。でもよくこの状況の中、2回相手のミスに乗じて逆転することができ、序盤リードする形でゲームを進めることができました。欲をいえば、中盤に追加点を取っていれば、、、。
それにしても、この内容(両チーム併せて打者一巡3回、四死球17(ビアーズ6・ピジョン11))で7回までよく出来たなぁ。





試合日11月24日 浮間公園
ピーマン 0 0 0 0 0 0 0 0
怨歌 0 0 0 0 0 0 0 0
先攻投手=(ピーマン) 後攻投手=(怨歌)
本塁打=
審判= 評価 (ピーマン) 評価 B (怨歌)
先攻チームのコメント


報告待ち
後攻チームのコメント

6回の無死二三塁のチャンスに3、4、5番で走者を還すことができなかった。監督の采配ミスです。泣いても笑ってもオレンジJ戦あとひとつ、優勝決定戦ともなった次の最終試合、悔いを残さないよう頑張ります。





試合日10月6日 ○
0 0 0 0 0 0   0
0 0 0 0 0 0   0
勝利投手=○(○) 敗戦投手=○(○)
本塁打=
審判=○ 評価 B(○) 評価  B(○)
勝利チームのコメント
敗戦チームのコメント